生活費

日本にいる留学生の1ヶ月の生活費(学費を含む)は下の図のようになります。 Living expenses

東京以外の都市と比べると、東京での生活は少し高いでしょう。日本では、優れている医療保障体系があります。日本に入国した際に、国民健康保険に加入できます。保険料に関しては本人の年収で決められます。多くの留学生は収入が高くないので(奨学金を除く)、保険料金額基本には年間9000-13000円くらい(です。国民健康保険に加入したら、全国各病院で受診できます、受診料と薬代の30%だけの支払になり、70%は保険でカバーされます。 また、留学生は日本でのアルバイトが許可されています。許可される時間・範囲内でアルバイトをしながら学校に通うことができます。一般的には、毎月の生活費はアルバイトの収入で足ります。アルバイトを始める前に「資格外活動許可書」を得なければなりません。特別な事情がない限り許可がおります。 「資格外活動許可書」をもらったら、日本語学校生、大学生、大学院生(研修生を含む)は授業のある期間内は、毎週28時間までアルバイトができます。春休み、夏休みなど長期休みの場合、1日8時間までアルバイトができます。 留学生がアルバイトを探すとき、アルバイト情報誌、インターネットなどを利用します。 このような雑誌が書店、駅などで簡単で買えます(無料のもたくさんあります)。