神戸校

教職員紹介

dsc03246

日本留学には様々な障壁があります。ビザの取得、日本語の習得、経済的状況、生活面など、あらゆる場面で皆さんが直面する問題を、私たちは解決していきます。 目標をもって来られるみなさんが、その目標を達成できるよう、学習面、生活面で、学校として最大限のサポートをしたいと思います。

校長 三宅 浩史

dsc03244

留学というのは、人生において忘れ得ぬ思い出となるものです。そして、留学を有意義なものにできるかどうかは本人にかかっています。私たちはその留学生活におけるほんの脇役にすぎません。しかし、私たちがそれぞれの役割を全うすることによって、彼らの留学生活に何らかの足跡を残すことができるかもしれないと思いつつ、日々仕事に取り組んでいます。

教務主任 三井 正樹

dsc03243

世界中の人たちが住んでみたい都市、神戸で留学生として生活し日本語や日本の文化・社会等の勉学に励むということは、人生の一つの分岐点である時期に極めて有意義であり価値あることだと思います。

留学生の皆さまが言葉、食べ物、気候、習慣、慣習など大きく異なる国から神戸に住んで日本語の勉強や日々の生活を送ることは想像以上に大変だと思います。

しかしながら、皆さまが様々な苦難を乗り越えて近い将来それぞれ個性のある夢を実現できるように皆さまの生活全般にわたりサポートします。

決して焦らず、諦めず、焦らずに日本語の学習を行って頂きたいと思います。

専任講師 長岡 良博

dsc03248

こんにちは。神戸日本語学院で事務の仕事をしています近藤です。私は学生課を担当しており、主に学生の生活指導をしております。日本での生活に不安や悩み、問題があれば何でも相談して下さいね。一緒に解決しましょう。 神戸はとてもきれいな町で、食べ物もおいしいですよ。皆さんの入学を心よりお待ちしております。

事務職員 近藤 悠佳